Help Center

Learn how to use Majestic, and get fast answers to the most common questions

Can't find what you're looking for? Our friendly customer service team will be delighted to help

用語集

このセクションではウェブサイトで使用する用語を解説します。

Metrics

Alexa ランキング

Alexa ランキングは、アクセス回数やページビューなど、Alexa ツールバーをインストールしているユーザーに派生する Alexa トラフィックのランキングを計算するアルゴリズムのことです。

サイテーションフロー

サイテーションフローは Majestic の商標です。サイテーションフローは 0~100 のスコアで、ウェブサイトやリンクの均衡や「威力」を測るのに役立ちます。サイテーションフローは「トラストフロー」と併用されます。サイテーションフローとトラストフローを合わせて Majestic フローメトリクスアルゴリズムを構成します。

サイテーションフローは当社の古い測定基準である ACRank が跳躍的に進化したもので、URL に貼られたサイトのリンク数に基づいてその影響度を予測します。リンクは同じ重みですべて作成されるわけではありません。強力なリンクは URL に対して相対的により大きな影響があるため、サイテーションフローは ACRank の古い測定基準よりも強力で反復的な数学的論理に基づいています。

フローメトリック

「フローメトリック」は Majestic の登録商標です。フローメトリックは、Majestic が決定、作成する独自の測定方法です。スコアはウェブ全体を網羅し、対数スケールを使用しています。フローメトリックは 0~100 の数値で示され、数値が大きいほどシグナルが強くなります。フローメトリックはトラストフローとサイテーションフローの両方を測定します。

フローメトリックの詳細については、「ハウツー動画」をご覧ください。

Topical Trust Flow(トピカルトラストフロー)

トピカルトラストフローは Majestic の商標です。これはウェブサイトのカテゴリ化を可能にする Majestic の機能の 1 つです。Majestic がウェブのカテゴリ化を行うようになったことで、どの業界セクターでウェブサイトの影響が大きいかがわかるようになりました。トピカルトラストフローを使うと、特定のカテゴリに対して影響を与えているものを探すのに役立ち、リンクのクリアアップが必要かどうか簡単に判断できます。トピカルトラストフローは 0~100 の範囲の一連の数字で、対数ベースのスケールで示されます。数字は特定のトピックやカテゴリにおけるウェブページ、サブドメイン、またはルートドメインの相対的な影響力を示します。

トラストフロー

Majestic の商標であるトラストフローは、0~100 のスケールで表す品質に基づくスコアです。Majestic では手作業によるウェブの見直しに基づき、多くの信頼できるシードサイトの照合を行いました。このプロセスが Majestic トラストフローの基礎となっています。信頼できるシードサイトと緊密なリンクのあるサイトは高いスコアになり、疑わしいリンクがあるサイトのスコアはずっと低くなります。

Site Definitions

ドメイン

ドメインはウェブサイトアドレスのメインとなる部分です。通常はウェブサイトの名前になります。例えば、www.majestic.com の場合、ドメインは「majestic.com」になります。Majestic システム内では、ルートドメインとも呼ばれます。

ロングドメイン

ロングドメインがルートドメインに追加されると、ルートドメインがサブドメインになります。例えば、www.example.comthisisan.example.com は、ルートドメイン example.com のロングドメインになります。

Path(パス)

パスは、リソースの指定または特定するのに使用するルートです。一般的に、URL でルートドメインの後に表示されるものはすべてパスです。

Subdomain(サブドメイン)

サブドメインは、プライマリドメインの一部であるドメインです。新しいドメイン名を登録するよりも、「2 番目のウェブサイト」としてサブドメインを作成することがよくあります。例えば、www.majestic.com がプライマリドメインで、blog.majestic.com がサブドメインになります。

URL

URL は Uniform Resource Locator の略で、インターネットのリソースへのアドレスです。HTTP と併用される場合はウェブアドレスと呼ばれることもよくあります。

Tools

アドバンスレポート (動画を再生)

Majestic ツール内で利用可能なアドバンスレポートを使うと、特定のドメイン、サブドメイン、パスまたは URL についてクロールしたすべてのデータにアクセスできます。アドバンスレポートは、被リンク、参照元ドメイン、トップレベルドメイン、国、サブネット、その他のカテゴリについて、さらに掘り下げた詳細と洞察を提供します。

API(アプリケーションプログラミングインタフェース)

API は、Application Programming Interface の略です。これはアプリケーション開発や自動クエリを行うために Majestic のデータにアクセスを許可するインタフェースです。Majestic SEO では、3 種類の API を用意しています。

  1. OpenApps API はプラチナ会員プランでご利用いただけます。OpenApps を使うとサードパーティアプリケーションを作成することができ、Majestic アカウントをお持ちのユーザーであればリンクを貼って、アクセスできるようになります。OpenApps を使うデベロッパーは、自分のアプリケーションへのサポートを提供する責任があります。
  2. 標準 API(旧名 Enterprise API)は、プラチナ会員プランで内部用としてのみ利用できます(つまり、再販したり、外部アプリケーション内でそのデータを使用することはできません)。プラチナ会員プランで不十分な場合は、割当量がさらに大きいプランもあります。
  3. Premium Partner API を使用するとウェブや一般向けのアプリケーションの構築が簡単になります。Reseller API の契約は個別契約となっていますが、費用は月額数十万円です。Reseller API に関心のある方は、sales@majestic.com までお問い合わせください。

一括被リンクチェッカー上限数

「一括被リンクチェッカー」ツールに一度に追加できるドメイン、または URL の数には制限があります。ブログの「ハウツー動画」セクションで、ツールの詳細をご覧ください。

Google Search Console(旧 Google ウェブマスターツール)

これは、ウェブマスターやウェブサイトのオーナーがリンクを否認したり、ご自分のウェブサイトの可視性を確認して最適化できる Google の無料サービスです。

スタンダードレポート

このタイプのレポートでは、ドメイン、サブドメイン、パス、URL の上位被リンクを示します。フレッシュインデックスやヒストリックインデックスで、あらゆるサイトのスタンダードレポートを作成することができます。レポートで報告する上位被リンクは、フローメトリックを使って計算されます。会員プランによってレポートで表示できるデータ量も異なります。

Subscription Terms

割当期間

割当期間とは(会員プランの一環として)データ利用が有効な期間のことです。割当期間は通常は 1 ヶ月単位で、最初に会員プランに加入した日付から開始します。会員プランが有効であれば、更新が可能です。

解析オプション

解析オプションは、アドバンスレポートで使用するフィルタリングオプションのセットになります。アドバンスレポートを作成すると、いくつかのフィルタが自動的に設定されます。開いたレポートの最上部にある「解析オプション」を選択すると、フィルタの編集や追加ができます。フィルタには、ターゲット、ソース、アンカーテキスト、フローメトリックの 4 つのタブがあります。

解析オプションとその使用方法についての詳細は、「パワーユーザーへのヒント:アドバンスレポートのフィルタリング」ブログポストをご覧ください。

年間プラン

1 年間有効な会員プランです。このタイプの会員プランは通常は前払いです。会員プランを購入する場合は、プランと料金ページにアクセスしてください。

インデックスアイテムユニット

APIドキュメンテーションに詳しい説明がありますが、ウェブ限定サービスには適用されません。

Max. Analysable Backlinks(解析可能被リンク数の上限)

各会員プランには、プラン内の特定の期間内にレポートの作成やダウンロードができる被リンク数に上限が設けられています。通常は、1 ヶ月ごとに割当量が更新されます。例えば、Lite 会員プランでは、レポート機能(生のエクスポートオプション使用)で月間 500 万件まで被リンクを解析できます。この制限はサイトエクスプローラの使用に追加されますが、解析可能な被リンクの割当量には影響ありません。

検索単位

検索単位についてはAPIドキュメンテーションに詳しい説明がありますが、ウェブ限定サービスには適用されません。

Index Terms

被リンク

被リンクとは、異なるウェブサイトや参照元ドメインから受けるリンクのことです。SEO 業界では、「被リンク」は「インバウンドリンクまたはバックリンク」と呼ばれることもあります。

クラスC

SEO 用語で、「クラス C」とはクラス C サイズのネットワークを指します。IPV4 アドレスの最下位の 8 ビット(ドットで区切られた数値)は無視されます。例えば 3 台のマシンがあって、1 台目の IP が 1.2.3.4、2 台目の IP が 1.2.3.5、3 台目の IP が 1.2.4.1 の場合、SEO の専門家は「マシンは 2 つのクラス C にホストされている」という表現を使うことがあります。

ネットワークの技術システムとSEOでは言葉の定義が微妙に異なるために、混乱が生じる場合があります。

フレッシュインデックス

フレッシュインデックスには、過去 90 日間にクロールされたデータが含まれます。フレッシュインデックスは 1 日に何度も更新されます。フレッシュインデックス内のリンクがヒストリックインデックスのリンクに比べ有効である可能性が高いのは、これらのリンクが最近アクセスされたリンクだからです。

初回クロール日

これは、フレッシュインデックスまたはヒストリックインデックスリンク内でリンクが最初に特定され、インデックスされた日付です。

注意:特にフレッシュインデックスでは、一部のリンクに若干の「メモリー効果」が見られます。日付の前にある「<」記号は、その日付より前にリンクが公開された可能性が高いことを示します。フレッシュインデックス内の古いリンクはヒストリックインデックスにも表示されます。

ヒストリックインデックス

ヒストリックインデックスはウェブ上で利用可能な最大の被リンクのインデックスです。このインデックスは 5 年以上前まで遡るため、特定のサイトの履歴を解析したり、現在は無効になっている過去の関係を再確認するのに便利です。

IPアドレス

Internet Protocol の略です。IP アドレスは、インターネットでアクティブなすべてのコンピュータやデバイスに割り当てられる数字です。これによって、インターネットにアクセスする際、使用されている異なるデバイスの識別に役立ちます。最も一般的なインターネットアドレス形式の IPV4 では、通常、127.242.0.19 のようにドットで区切って表します。

リンクプロフィール

リンクプロフィールはウェブサイトの被リンクデータから構成されるウェブサイトのプロフィールです。Majestic ではこれを 101 x 101 グリッドの散布図で表します。これはサイトにリンクのある個々の被リンクや参照元ドメインについてトラストフローとサイテーションフローの測定値を図で示しています。複数リンクで同一のトラストフローとサイテーションフローがある場合は、濃い色合いでグラフ上の当該セルの密度が表示されます。グラフの点の配列や配置から、健全なリンクプロフィール可動化の判断がさらに簡単にできます。

最終クロール日

特定のリンクを含むページが当社のボットによってクロールされた最後の日付です。

Linking Domains(リンク先ドメイン)

リンク先ドメインは参照元ドメインと似ており、ターゲット URL/ドメインにリンクを貼る固有のソースドメイン(例:example.com)の数を指します。

参照元ドメイン

「REF ドメイン」とも呼ばれる参照元ドメインは、解析中のサイトに対して、ページまたはリンクへの被リンクがあるウェブサイトです。

参照元IP

参照元 IP は特定のターゲット URL またはドメインへのリンクを含む最低 1 つのウェブサイトをホストする IP アドレスです。多くのドメイン(ウェブサイト)が 1 つの IP アドレスにホストされている場合があります。Majestic 近隣サイトチェッカーツールを使って、特定ドメインの IP アドレスを探します。

参照元クラスC

"参照元クラスC"の短縮形です。

Majestic システムでは、マルチカウントはリンク数、ページ間、ドメイン間、クラス C 間の重複リンク数(被リンク数を指します)を計算したものです。同じクラス C を 1 つの組織や関連組織で使用することができるので、クラス C カウントは便利です。大規模なサイトには、クラス C 間の固有のリンク関係のカウントも役立ちます。

Source Flags(ソースフラグ)

ソースフラグとは異なるタイプのリンクを区別するためのものです。現在使用中のソースフラグは次の通りです。

ソースフラグ 説明
Images サイトの被リンクが画像であることを示します。
NoFollow リンクがメタタグによって、またはソースサイトのウェブマスターによる 「rel="nofollow"」によって 「nofollow」としてマークされました。
Frame 固有リンクがナビゲーションバーなど、 FRAME/IFRAME タグで使用されている場合に設定します。
Redirect ソース URL が 1 つのページから別のページにリダイレクトされる場合、(通常は、HTTPS のレスポンスコード 301、302、メタリフレッシュに基づいたリダイレクトを使用して)ターゲット先にリダイレクトされる場合に設定します。
Deleted(またはOldCrawl) ページを再クロールする際に、以前のクロールでは見つかった固有リンクが現在では削除されているか、失われている場合
AltText

次の 2 つのケースがあります。

  1. アンカーテキストがある場合:A タグの alt/title 属性から指定された。
  2. アンカーテキストがない場合:ページの通常テキストの中にターゲット URL があった(基本的には通常テキストの中でメンションされた)。このようなメンションは質の高いリンクが構築される可能性があることを示しています。
Alt タブは、代替タブを意味し、ウェブサイトの閲覧者にアンカーテキストに似た画像リンクの本質やコンテンツを伝えるために使用する語句になります。
メンション メンションとはウェブのプレーンテキスト内で見つかるドメイン名や URL への参照のことです。これは、サイトが言及されている場所を探す上で役立ちます。この機能は、アドバンスレポートの解析オプションにあります。

トップレベルドメイン

トップレベルドメインとは、インターネットのドメイン名システムの階層で最上位のドメインを指します。通常はドメイン名の後に来るもので、国名と関連することもあります。例えば .co.uk、.com、.au、.ca などです。

上位被リンク

「上位被リンク」は、解析中のウェブサイトに貼られた最も人気のある被リンクを一覧化しようとする試みです。フローメトリックを使って、サイトやページの重要性を判断できます。

注意:Majestic では随時、ページの重要性を計算するために使用する測定基準を強化する権利を留保します。